AGA治療を受けるのに大切なクリニック選び

AGAクリニック選び

鏡を見る人

AGA治療どの病院で受けるのかも重要

近年、AGA治療が効果的な薄毛治療としてよく取り上げられています。しかし急増しているため病院選びに戸惑う患者さんも多いものです。病院選びに失敗したというケースも珍しくありません。どんな点に気をつければいいのかを見ていきましょう。

患者に合ったパーソナルな治療が受診できる

薄毛に悩む人が抱える髪のトラブルは人によって異なります。薄毛に悩む人、抜け毛に悩む人、髪の毛が細くて元気がない、人によって最適な治療方法が違うのも当然ですよね。薬の処方以外の育毛セラピーなどのフォローもしてくれる病院・クリニックを選びましょう。

お財布にやさしい治療をしてくれる

自由診療は原則、保険適用外の治療なので全額自己負担になってしまいます。そのため治療費の設定は病院側の基準で決められるので費用は場所によってばらつきがあります。薄毛治療は4か月から半年程度の継続的な通院が必要になります。AGA治療に積極的でクリニックなどの数も多い横浜などではリーズナブルな料金で無理にならない病院を選びましょう。

経験豊富で実績のある病院を選ぶ

薄毛治療は患者の悩みに合わせた最適な治療を受けられるかどうか、が重要になります。なので、その多様な症状に対応した治療を行うためには治療経験の豊富さがものをいいます。過去に自分と同じケースの治療歴があればそれだけで安心して治療を任せられますよね。ですから、悩みがあるなら病院を探して話を聞いてもらいましょう。治療法を提案してくれますよ。

よくあるお悩み!脱毛型の症状

no.1

U字型

AGA患者に特有の脱毛型です。「時代劇のお侍のマゲを除いたような髪型」をいらるとイメージしやすいのではないでしょうか?1位になるだけあってこの脱毛症状に悩む方は多いようですね。

no.2

M字型

こちらもU字型に類似しておでこ周辺の生え際が後退する症状です。U字型に比べて谷の部分が残る為か、髪型次第では意外と認知されづらいタイプなのかもしれません。しかし誰よりも本人が自覚しやすく相談も多いことから2位の結果がうかがえます。

no.3

O字型

頭頂部から進行するのが特徴です。「ヨーロッパの修道僧のような髪型」といえばわかりやすいのではないでしょうか?本人に死角になりやすいので周囲が早めに指摘してくれるか、かなり進行してから自覚するしかありません。どのタイミングで気づくかで治療の有効性が変動するので要注意です。

no.4

円形脱毛型

厳密には男性型脱毛症(AGA)ではありませんが、髪のお悩み相談として多く寄せられるため4位に選ばれました。ストレス性のものや免疫作用の異常などが原因だと考えられています。「体が弱っているときに発症しやすい脱毛症」と認識してください。症状の兆候としてはつむじ以外の場所で硬貨程度の大きさで円形の脱毛がある場合が考えられます。

no.5

炎症脱毛型

毛髪の過度なカラーリングはパーマなどに使用する薬剤の強い反応から炎症が引き起こされると考えられます。こちらもAGAではありませんが、髪のオシャレに敏感な若い男性や女性からの相談が多いのでランクインしました。頭皮のかゆみが続いていたり赤みが出ているといった症状がみられます。