ふとした瞬間に髪のSOSをキャッチします

薄毛の気づきかた

毛髪

頭皮が良く見えるのは薄毛のサイン

特に髪が濡れる状況で頭皮が目立つようなら十分薄毛の可能性があります。またおでこが広くなった、そりこみが深くなったなども比較的にわかりやすいですね。

髪に元気がなくなったとき

横浜の理容店でのカットや出かける前の髪型のセットに手間取るようになったら十分、薄毛を気にするサインです。髪が細くなったり本数が減ることで似合う髪型のスタイルが限定されるようになってしまいます。

日常生活で抜け毛の多さに驚く

入浴中のシャンプーや朝起きた時の枕についた抜け毛の量が気になるようなら薄毛になる兆候かもしれません。時期によって抜け毛がひどくなることもありますが、あまりにも長引くようなら注意です。

AGAが発覚するきっかけ!5つのポイント

雨などですぐに頭が冷たい、と感じた時

皮膚にすぐ水が触れる状況でもなければ冷たい、と感じることはまずありません。これが、毛量が少ないことのサインです。こういうきっかけで自分が薄毛であると自覚する人は少なくなりません。

髪のセットが以前に比べて決まりにくくなった

とにかく毛量にボリュームがないので髪型の自由度がありません。特にオシャレに敏感な学生時代、20代頃と比較するとわかりやすいものです。髪に元気がなくなったことを痛感する瞬間ではないでしょうか?

風呂、プールなどで髪が濡れた時

特に風呂などでは鏡に日常的に自分の姿が映るので日々の多少の変化では自覚しづらいかもしれません。しかし、濡れた時の生え際やペタッと具合が気になるようになったら薄毛のサインです。

今の自分と昔の写真と比べた時

「なんとなくそんな気はしているけど気のせいでは?」そんな楽観視している現状を確認するために学生時代や20代の頃の写真と現在の自分を比較してみましょう。髪に元気がなくなった、生え際が気になったという気がかりが確信に変わります。

酒の席で薄毛と言われたとき

飲みの席は基本、無礼講です。普段思っていることを詳らかに打ち明ける希少な場です。もちろん誇張している冗談の場合もありますが飲みの席での指摘はないがしろにはできません。周囲が認知しているようならそれは立派な薄毛の状態です。