AGAにも副作用はある!症状をよく理解しておこう

AGA治療薬の使用前には副作用についても知る

AGAの治療薬には、薄毛改善に良い効果をもたらします。しかし、何らかの副作用があるのも事実です。どんな副作用があって、それを防ぐにはどうしたら良いのかを知っておくと安心できるでしょう。治療薬として使用されることが多い、プロペシアやミノキシジルなどの情報も記載しているので見ていきましょう。

AGA治療の副作用

メンズ

「プロペシア」は女性と子どもには有害な薬です!

横浜のAGA治療にも重宝されるプロペシアですが、よく処方される薬として知られています。そんなプロペシアですが、副作用として主にあげられるのは性欲減退、勃起機能低下の二つが顕著で、深刻なものでは酷いめまいや肝機能障害につながる場合もあります。もちろん効果や副作用には個人差があるのですべての人に発症することはありません。また、女性や子供に対しては有毒に働く作用があるので注意が必要です。夫婦間で子どもを作りたいなどの時期はプロペシアの服用を控えるようにしましょう。目安としては三か月以上ほど休薬期間を設けることが好ましいです。

女性にプロペシアは要注意

AGAの治療に使用されている薬と言うものは、あくまでも男性型の脱毛症に向けた薬であるため、女性へ処方されることもないため服用することもありません。しかし、もし妊娠している期間に服用してしまうと大変危険なことが起きてしまいます。プロペシアを服用している場合、胎児の性器の成長に必要なDHTという成分が抑制されてしまうため、奇形が生じる可能性があると指摘されているからです。ですから、女性が薄毛に悩んでいるのなら女性にあった薬を処方してもらうように医師と相談をしましょう。

頭皮の血行促進薬「ミノキシジル」

プロペシア以外に血行促進に効果的な「ミノキシジル」と呼ばれる治療薬があります。副作用として動悸、低血圧、多毛症、ニキビ、肌荒れと血行拡張した効果が過剰に出たことによる肌のトラブルなどが主です。体質によって効果に個人差があるので医師とよく相談するようにしましょう。

話題になったジェネリック医薬品にも副作用がある

主流ではないですがその他のAGA治療薬にも副作用があります。一時期話題になったジェネリック医薬品やザガーロなどその他の薬にも副作用があり、勃起不全、性欲減退、射精障害などがDHTの抑制による「性欲の低下」にかかわるものが主になります。

副作用の発症率は高くない

「性欲の低下」「胎児の性器形成障害」などの副作用を紹介しましたが、実際の発症率は決して高くなく副作用の発症率自体2%未満とさらているものがほとんどでその症例の中で深刻なものはさらに限られています。医師との相談、治療薬の効能の把握などを徹底していれば万が一、発症した場合でもリスクはほとんどないとされています。髪のお悩み解決にぜひAGA治療をご検討ください。